会長挨拶

柳井渉会長
2021〜22年度

会長方針

柳井 渉
2021〜22年度 RI会長テーマ

「奉仕しようみんなの人生を豊かにするために」
SAVE TO CHENGE LIVES

今年度国際ロータリーシェカール・メータ会長は、「奉仕しようみんなの人生を豊かにするために」をテーマにされました。このテーマ沿って活動を行う為には一人では出来ません。クラブの会員がいてこそです。現在世界のロータリアンの数は120万人で、メータRI会長は、今年度130万人にすると述べています。それには現会員が、「EACH ONE BRING ONE」を合言葉に1年掛けて会員一人が一人の新会員を入会する活動を行えばこの数字は達成できるといっています。また、クラブは目標を持ち会員がそれに向かい行動していくのが重要と述べています。
前回会長を受けた時は体調の為に辞退することになり会員の皆様にはご迷惑をおかけしました。当時ロータリークラブもさまざまな変革が進んで来ていました。それに加え今回は大きく世の中が変わってしまいました。新しい価値観、新しい生活様式が生まれロータリークラブとしてもこの新しい価値観、生活様式に沿った活動を行わないといけません。しかし新しい価値観、生活様式となってもロータリークラブの意味は変わりません。そこで、今年度クラブのテーマを「温故創新」とします。
これは以前会長を受ける時に考えていたもので、小田原城北ロータリークラブも創立45周年を迎え、新会員も増えてきた中で、先輩方が作り上げてきたクラブの良さを生かし新たな時代に対応をした新しいクラブに変わって行かなければなりません。今回は以前よりロータリーだけではなく世の中の変化も加わりさらに変化を生まなければなりません。会員みんなで新しい時代の小田原城北ロータリークラブを創っていきましょう。1年間よろしくお願いいたします。
今年度重点目標
  1. 会員維持増強(5名)
  2. ロータアクトクラブの支援
  3. 長期計画の策定
  4. 会員間の親睦の推進
  5. 出席率の向上

Copyright © Odawara Johoku Rotary Club. All rights reserved.