小田原市内の小学校全25校への図書寄贈達成

 小田原城北ロータリークラブ(大川久弥2018-19年度会長)は、社会奉仕活動・青少年奉仕活動の一環として、2019年4月23日、小田原市内の公立小学校へ図書の贈呈をし、クラブ例会場にて贈呈式を執り行いました。

 当クラブでは既に、2011-2012年度に8校、2017-2018年度に8校に図書寄贈を実施しており、今年度9校に対して寄贈することで、小田原市内の公立の全小学校25校への寄贈を達成いたしました。

 今年度の寄贈先は、三の丸小学校、新玉小学校、足柄小学校、大窪小学校、早川小学校、山王小学校、町田小学校、久野小学校、片浦小学校です。

 式典では、本事業を中心となって進めてきた守谷善男会員(2017-18年度社会奉仕部会長)と今年度の奉仕プロジェクト委員会社会奉仕部会の荻野部会長が挨拶にたち、これまでの経緯について説明をいたしました。

 小田原市からは栢沼行雄教育長、寄贈先の小学校の校長、ならびに担当教諭のみなさまにお越しいただき、代表して栢沼教育長と各校を代表して三の丸小学校の長澤貴校長よりご挨拶をいただきました。

 小田原城北ロータリークラブは、「未来を担う子供たちの健全な育成に少しでも役立てば」との思いで、本事業を進めてきましたが、これからも社会奉仕・青少年奉仕の一貫として、子供たちの健全な育成に役立つ事業を続けてまいります。

目録の贈呈

小田原城北ロータリークラブの2018-2019年度大川久弥会長より目録の贈呈

小田原市より感謝状を贈呈

学校側を代表して、栢沼教育長が大川会長へ感謝状を贈呈。


小田原市を代表して栢沼教育長より「本は豊かな心を育む想像力の源。子供たちの読書活動推進に努めたい」とのご挨拶をいただきました。

続いて、各校を代表して三の丸小学校の長澤貴校長より、「いくつになっても本を読み、考えることが大事。人生に影響を与える良い本を読み、子供たちが成長していくことを願っています。」とのご挨拶をいただきました。

Copyright © Odawara Johoku Rotary Club. All rights reserved.