インターアクトクラブとローターアクトクラブについて

2014年9月30日に行われた卓話の内容です。

「インターアクトクラブとローターアクトクラブについて」 地区ローターアクト代表 羽生 圭吾 様  国際ロータリー2780地区2014~15年度ローターアクト地区代表の羽生圭吾と申します。所属は小田原城北ローターアクトクラブ、昭和59年生まれで現在30歳。(株)明治の技術開発研究所に入社8年目の研究員です。2012年に小田原城北ローターアクトクラブに入会して、翌年会長を、本年度は地区代表をやらせていただいております。
 2780地区内でのインターアクトとローターアクトクラブの位置付けについて。こちらは地区のHPに載っている組織図です。五大奉仕部門の一つ、青少年奉仕プログラムの中にインターアクトとローターアクトがあります。現在の組織図では一番上にガバナーの渡辺さま、その次に青少年奉仕部門担当副幹事の宮本さまがいらっしゃいます。私も宮本さまに色々相談しながら地区の活動をしています。その下に青少年奉仕委員会、そして地区ローターアクト委員会があります。
 インターアクトクラブについても紹介させていただきます。インターアクト委員会副委員長から「インターアクトは高校生で例会などになかなか行かれないので、一緒に広めて欲しい」と依頼されました。インターアクトクラブは12歳から18歳までの青少年のための奉仕プログラムで、支援や指導を与えるロータリークラブによって後援されています。現在2780地区内では12クラブ、約200名が所属しています。神奈川西部の121の高等学校のうち12校にインターアクト部があり、日本国内でも屈指の人数です。主な地区イベントは5月の役員研修会、11月の年次大会、12月海外研修、3月に一泊研修という流れで毎年行われています。更に月に1回、地区内各インターアクトクラブの代表者が合同会議を開いています。各クラブには部活のように顧問の先生がついて指導してくださり、奉仕プロジェクトを行っています。中央と鎌倉周辺が多いのですが、小田原も相洋高校、立花学園にクラブがあります。
 続いてローターアクトクラブを紹介いたします。ローターアクトとは「地域社会のニーズのために奉仕し、友情や仕事の輪を広げ、世界理解を深めようとする18歳から30歳までの青年男女」です。2780地区内のローターアクトは現在4クラブ36名が所属しています。
 インターアクトに比べて規模が小さく年々縮小している状態です。現在、相模原・鎌倉・横須賀・小田原城北の4つだけです。昨年の地域奉仕活動は、小田原駅前商店街の清掃、献血の呼びかけ、酒匂川花火大会でのビラ配り、公園の草むしり、酒匂川清掃活動などです。昨年度ローターアクト支援プロジェクトリーダーの須藤さんには色々参加していただきお世話になりました。他にもAPRRC(アジアローターアクト大会)参加や交換留学生と一緒の旅行、また専門知識開発や親睦の例会も開いています。


 日本国内のローターアクトクラブは2014年3月現在33地区にあり、総数は300クラブ、会員数は3306名でした。地区平均で9.4クラブ、104名程度になります。2780地区は当時でも4クラブ39名しかおらず、非常に規模が小さい活動範囲にとどまっています。自分としてはもっと活動を発展させていきたいと考え、色々な企画案を作っています。
 今年度の活動としては、まず大きくするより存続させる活動が重要です。規模が小さくなり魅力的な活動ができなければ人が集まらない負の連鎖が起きてしまいます。今解体の危機にあるのが鎌倉です。4名しかおらず活動が機能していません。地区として梃入れしなければ今年度で消滅してしまうでしょう。そこで10/4・5に2760地区ローターアクトの方々を招待して、国内研修という形で一緒にアクトの将来を考えるイベントを企画しています。これからも鎌倉再興に向けた企画を考えていきたいと思います。
 ローターアクトを知ってもらうため新しく提唱していただけるRCを探す活動も行っています。会合でお会いした各RCに卓話実施のお願いをして、9/17には茅ヶ崎湘南RCに行きました。今後も継続していくつもりです。またインターアクトクラブとの連携強化を考えています。9/27にインターアクトの地区行事『チーズ作り体験学習会』で講師をやって、大変好評でした。今後に繋がる活動ができたと思います。インターアクトの一泊研修という大きなイベントがありますので、その中でまたローターアクトが企画するものを提案していくつもりです。
 そして関東ブロックの研修会を開催する予定です。東京北部・南部、神奈川東部・西部、埼玉西北・南東、千葉、群馬、栃木、茨城、静岡山梨の11地区のローターアクトが一堂に会する会議です。本年度は私が議長で、各地の代表・幹事の方々と意見交換や打合せを進めております。ローターアクト年次大会の開催も企画しています。大きい大会にしたいと企画を進行させています。地区大会新世代交流会に向けた新世代会議の準備も進めています。
 地区代表として未熟な部分もありますが、小田原城北ローターアクト代表として恥ずかしくないよう全力で頑張っていきます。根っことなる自分のクラブでも、10月の例会で小田原城北RCの方に卓話をいただくことになっていますので、よろしくお願いいたします。


Copyright © Odawara Johoku Rotary Club. All rights reserved.