会長挨拶

上田 博和 会長
2020〜21年度

会長方針

上田 博和
2020〜21年度 RIテーマ

ロータリーは機会の扉を開く


戦後最大の危機と言えるコロナウイルスが発生し、2か月以上も例会を開催できないという大きな出来事が起きております。
2020-2021 R1ホルガー・クナーク会長は、「大会であれ会議であれ奉仕活動であれ、皆が集まる事(together)がロータリーの一番の楽しみであり、1人では成し遂げられない事が仲間が集う(together)事で可能にできる。」と述べております。
コロナ収束も未だ見えぬ時期ではありますが、もう一度例会の在り方、ロータリークラブの存在意義を、そして集う(together)喜びを会員の皆様と感じたいと思います。
アフターコロナ(コロナ収束後)の世界は大きく変わり、テレワークなどが進み企業の在り方が変わり、ほとんどの企業の会議はインターネットを活用した会議に変わり始めました。集うという必要性が無くなってしまうのでは?そんな大きな変化の時代だからこそ原点回帰が必要であり、城北ロータリークラブを100年続く団体として変わらない為に変わる必要性があります。
今年45周年を迎えますが、まずは50周年に向けた準備をし、50周年には50名の会員で望めるように会員増強を強化して参ります。
また、コロナウイルスで会員の企業にも大きなダメージを受けていると感じております。会員の絆を強める事で少しでも相互扶助の支援をできるクラブになりたいと思います。大きな変化の時だからこそ、より一層の会員の絆を深めましょう!城北ロータリークラブはどのクラブよりも楽しい!元気がある!そんな声が聞けるクラブを目指しましょう!変化に対応しつつ大切な伝統を守り、地域のお役に立てるクラブになる為と勇気をもって変わらない為に変わりましょう。
一年間どうぞ宜しくお願い致します。
今年度重点目標
  1. 会員の維持増強。退会者ゼロと10名の増強
  2. 会員のより一層の絆を深める夜間例会の開催
  3. 50周年に向けた中期計画の作成
  4. 長期的なクラブビジョンの策定
  5. ローターアクトクラブの支援

Copyright © Odawara Johoku Rotary Club. All rights reserved.