職業奉仕部会

部会長大野 英明

会員守屋 善男
大谷  宏
大川 久弥
長田 英一

活動目標

職業奉仕はロータリアンが自らの職業を通じて、その職業の道徳的水準を高め品位あらしめることを目指し、ロータリアンとして、自分の職業を通じ社会に奉仕することを目指しています。ロータリーの神髄は職業奉仕にあると云われ、この職業奉仕は個々のロータリアン各自の課題であり、会員個々人の責任において実践するべきことであります。日常普段に実践出来ることは自分の職業を通じて社会に奉仕するとであり自分の職業に誇りと愛情と責任を持てば後は自然についてくると考えます。
また、たとえに、農家の方がお米を作りそれを販売し利益を得る=職業奉仕農家の方が作ったお米を老人ホーム・家族食堂に寄付する=社会奉仕農家の方がお米の作り方を小学生に教えながら育てる=青少年奉仕のように、お米を作る=奉仕と考えるのならば、そのお米をどう活用するかで社会奉仕・青少年奉仕となることが、つながりではないかと思います。
RI会長からのキーワード「つ・な・が・り」を踏まえ、グループだけで活動するのでなく、すべての奉仕活動を全会員で奉仕するように努力いたします。また、会員の職業奉仕に対する理解を深めさせるために活動する。

4つのテスト

(これはクラブメンバーが守るべき行動規範です)言行はこれに照らしてから
  1. 真実かどうか
  2. みんなに公平か
  3. 好意と友情を深める
  4. みんなのためになるかどうか

活動計画

  1. 職業奉仕月間に卓話を行います。
  2. 職業奉仕に関する施設見学会を行います。

Copyright © Odawara Johoku Rotary Club. All rights reserved.